パナソニック、世界初フルハイビジョン3D映像も楽しめるプラズマテレビ新次元3D対応ビエラ「VT2シリーズ」2機種を発売

パナソニック、世界初フルハイビジョン3D映像も楽しめるプラズマテレビ新次元3D対応ビエラ「VT2シリーズ」2機種を発売

パナソニック、世界初フルハイビジョン3D映像も楽しめるプラズマテレビ新次元3D対応ビエラ「VT2シリーズ」2機種を発売
(パナソニック/プラズマテレビ/TH-P54VT2 TH-P50VT2)

●概要
パナソニックは、世界で初めてフルハイビジョン3D映像も楽しめる新次元3D対応ビエラ最高画質シリーズVT2シリーズ2機種を4月23日に発売する。

本シリーズは、PDPの高速表示特性を活かし、さらに発光効率を高めるとともに、残光が短くキレのよい新開発の蛍光体や新開発の高速パネル駆動も採用した3D対応「フル・ブラックパネル」を搭載。

これにより、右眼左眼用の映像が交互に高速表示される3D映像でも、2重像(残像による左右映像の重なり)を大幅に抑えたクリアな3D映像を楽しめる。

また、予備放電レス発光の実現により、1画面内で同時に表示できるネイティブコントラストで、業界最高※1の500万対1を実現。
さらに、明所コントラストも従来品比 約2倍に高めることで、3D、2D映像を問わず、「黒」が冴えた高い質感の映像美を楽しめる。

さらに、フルハイビジョン3D映像も表示できる高いポテンシャルは、従来品比 約2倍の豊かな階調 表現力で、微妙なグラデーションも一層なめらかに描写、2D映像も一層高画質に楽しめる。

加えて、「ハリウッドカラーリマスター」による豊かな色表現力や世界最高※2の動画解像度1080本、人間の視覚特性を活かし視聴環境に適した高画質に自動調整する機能など、高画質を追及した。

また、年間消費電力量を、2D表示の従来品と比べても、約13%削減(50V型の場合)するなど、高画質と省電力を両立。
さらに、パナソニック独自の「エコナビ」を搭載。
センサーで視聴環境を検知し、適切な明るさや画質に自動調整したり、使っていない機器の無駄な電力を低減するなど、「エコナビ」がムダを見つけて自分で省エネしてくれる。
※1 国内民生用市販のテレビとして、2010年2月9日現在、パナソニック調べ。
※2 フレームシーケンシャル方式の家庭用市販フルハイビジョンテレビとして、2010年2月9日、パナソニック調べ。
●主な特長
・世界初※3フルハイビジョン3D対応テレビ、かつてない臨場感がひろがる
・新搭載「エコナビ」でムダを見つけて自分で省エネ
・「お部屋ジャンプリンク」など、「ビエラにリンク」もますます進化

※3 フレームシーケンシャル方式の家庭用市販フルハイビジョンテレビとして、2010年2月9日、パナソニック調べ。